復元:大伴二三弥 ステンドグラス

¥99,000

大正から昭和初期にかけて活躍した洋画家「小出楢重」の作品の復刻版ステンドグラスです。

日本のステンドグラスの先駆者として高く評価されている大伴二三弥により、小出楢重の没後40年ぶりに復元された裸婦像のステンドグラス。クラシックな鏡台に向かって化粧をする女性がアールヌーボー様式にて綿密に表現されております。

  • 商品ID : 40247
  • 無料査定も承ります
  • 使用感などは写真掲載の通り

大正から昭和初期にかけて活躍した洋画家「小出楢重」の作品の復刻版ステンドグラスです。

日本のステンドグラスの先駆者として高く評価されている大伴二三弥により、小出楢重の没後40年ぶりに復元された裸婦像のステンドグラス。クラシックな鏡台に向かって化粧をする女性がアールヌーボー様式にて綿密に表現されております。

アールヌーボー(アールヌーヴォー) / art nouveau

19世紀末から20世紀初頭にかけて、ヨーロッパを中心に開花した国際的な美術運動。この時代まで芸術のモチーフには使われなかった昆虫や爬虫類など、有機的な自然のモチーフを使うことが流行しました。浮世絵など日本からやってきた日本美術の影響を受け、古典的な芸術から脱皮して新しい美の革新を求めたのがアールヌーボーです。

サイズ(単位mm)

  • 幅 435 奥行き 30 高さ 140

*若干の誤差は御了承下さい。

主な素材

  • ステンドグラス

*商品コンディションは詳細画像にて必ずご確認お願いします。

★★★★大きく美観を損なうダメージはなく、程度は良好

こちらの商品もよく見られています